BLOG
国の少子化対策と事業承継支援の共通点新着!!

■国が行おうとしている異次元の少子化対策って何でしょう? お金を配ればそれで良いのでしょうか? (↑実際の国の少子化対策はお金を配るだけじゃないとは思いますが…) ■お金を配ることも確かに必要なのでしょうけど… それで良 […]

続きを読む
BLOG
歌舞伎町ギャルズの逆襲!

■東京都新宿区歌舞伎町 そこは言わずと知れた一大歓楽街。 ■飲食店が軒を連ねていますが、 その合間合間で酔っぱらって死んだように寝ている人をよく見かけます。 コロナが明けて酔っ払いが増えたような気がします。 また広場には […]

続きを読む
BLOG
柔軟性を欠く人びと

■人は、歳を取ればそれなりに経験を重ねてくるものだと思います。 そして、 自分自身の経験を元に 現状に対処し未来を予測するものだと思います。 ■経験を重ねる過程で得た考えが確固たるものとなり、 その人の「信念」へと昇華。 […]

続きを読む
BLOG
経営者さん、60歳近くになれば会社をどうするか、考えるべきかも知れない…

■今年の秋で57歳になります。 57歳と言えば、僕の兄が癌で亡くなった年齢です。 「いよいよ兄が亡くなった年齢か…」という気持ちが日増しに強くなっています。 ■兄は、亡くなる幾日か前、病院のベッドで 「わしは死ぬのは怖く […]

続きを読む
BLOG
注意喚起:帯状疱疹になっちゃいました

■今年に入って4名もの知り合いから 「帯状疱疹になってしまった」と告げられました。 それぞれの方に今の仕事状況等を伺った後 僕は、 「知人は皆、大変な状況だから帯状疱疹になったようだ。そんなに厳しい状況だと当たり前だよね […]

続きを読む
BLOG
担任の先生にお会いして思う。過去の記憶って、怖い!

■お墓参りのため二泊三日で広島に帰省し夜は、 高2の時の担任のF先生、および友人との三人で飲みに行きました。 ■僕は今秋、57歳。 高校2年生は16~17歳なので F先生にお世話になったのは40年も前になるんですね。 時 […]

続きを読む
BLOG
最近のイトーヨーカドーさんについて思うこと

■僕が初めて就職活動をしたのは約35年前のこと。 時計の針を当時に戻します。 就職を控えた大学生の僕は、ほぼほぼ流通業に的を絞り就職活動をしていました。 ■理由は忘れましたが 百貨店は眼中になく生活に密着した総合スーパー […]

続きを読む
BLOG
ソフト老害になっていないか、自問自答

■指導的立場にある年長者の 「硬直した考え方」が組織の活力を奪っている としたら大問題であると思います。 ■これって日本の至る所で起こっていることかも知れませんね。 (かしましい政治家に関するニュースを頻繁に目にするので […]

続きを読む
BLOG
時間的・物理的距離が空くと過去の記憶が優位になる

■子供が 進学・就職のために実家を出る。 すると 実家の近辺では見ることがない 一見煌びやかな新しい世界に接することとなり どんどんそちらに惹かれていってしまう。 ■それでも実家を出てのすぐの頃は年に2回は帰省する。 し […]

続きを読む
BLOG
ボタンの掛け違いに気づけていない場合は一旦過去に戻る!

■自宅にて 急いで出かけようと準備をしている時、 シャツのボタンを何度か掛け違えたことがあります。 僕はシャツを着る時 下側からボタンをかけ始めるので首の近くまで来たら「あれ、違う」と気づいてしまう… ■ボタンの掛け違い […]

続きを読む